グルメタウン吉祥寺の魚居酒屋「ひまり屋」、四季折々の和食とうまい日本酒

屋守

今回の蔵元レポートは東京都東村山「豊島屋」屋守です。。。

金婚が豊島屋さんの基本銘柄です。全盛期は金婚3000石だったみたいです。。。

乗り換えがうまくいけば、吉祥寺から30分で。。。近い。

のに2010年やっと伺うことができました。田中部長とは23歳位のころ、前に働いていた調布の居酒屋で出会いました。

東京生まれ、東京育ちの自分は、その時初めて地方の人に誇れる東京の地酒を見つけたきがします。

金婚が1000石を切って、豊島「屋」があぶなくなったとき、「守」なきゃ、ということで、「やもり」→「屋守」→おくのかみ。となったのです。

近所ということもあり、ちょこちょこ吉祥寺ひまり屋に遊びにきてくださる、豊島屋、田中孝治さん、

いつも向日葵笑顔全快でとても元気な兄貴です。

釜場の説明をしてくださる、田中さん。

バブリーなときに買ってしまったという、連続蒸機。。。

仕込蔵。時期的に掃除中。

屋守は21BYで89石。22BYは120石を目指されるみたいです。

安定した酒質で出荷量が伸びるのはとてもよいことです。。。

屋守は全量、八反錦使用。理由は蔵人さんたちが使いなれていたからだそうです。

最初の年から、今までと違うことをして、屋守の最初の印象を駄目にするのを一番恐れたみたいです。。。

ヤブタ。。。

瓶詰め場。東京ですから、周りは普通に住宅街。。。地方蔵とはぜんぜん違います。

東京、明治神宮の御神酒。。。けっこう売れるみたいです。。。今度明治神宮行ったら買ってみよう。

電車ということもあり、夜は営業なのに結局飲んでしまいました。

屋守、ひやおろし、無調整、冷蔵庫からラスト3本の15BY、出品酒。。。。

田中さんと語らいながら、至福の時間でした。。。

酒造りは。。。。人づくり、農家さん、蔵元さん、酒屋さん、居酒屋、お客様、がフラットでいい関係で皆が幸せにならなければと、

田中さんの言葉がみにしみました。

居酒屋も人が大事です。ひまり屋も屋号にまけないよう、頑張ります。

近くですし、皆様もぜひ豊島屋さんに行かれてはどうでしょう。

愛する東京の地酒「屋守」。。。

これからのますますの御発展を祈って。。。全国のヤモラーが増えますように。。。

吉祥寺ヤモラー、洋平。。。

田中さんありがとうございました。


2010/9/30 18:43

新着情報
このカテゴリー記事一覧⇒
日本酒の話
このカテゴリー記事一覧⇒
ブログ メニューのご紹介